消費者金融なら身分証明書などを提出して電話連絡なしで親バレもなし

融資の申し込みをすると審査の一環でほぼ必ず本人確認のための電話が行われます。
貸金業者にとっては融資の申し込みをしたのが本当に本人かを確認する必要があり、電話連絡は避けて通れません。
特に銀行に融資の申し込みをすると避けることはできませんが、実は消費者金融であれば代替手段を取ることで「電話連絡なし」にできるかもしれないのです。
代替手段とは通常であれば融資の申し込みをすると身分証明書の提出は必要ですが、その他に直近数か月分の収入が証明できる書類(給与明細など)と言った貸金業者が指定する複数の書類を提出することで電話連絡なしにできるのです。
もしくは申し込みの際に依頼することで電話連絡を個人の携帯電話(通常は自宅の電話)にしてもらえる所もあるようです。
更に数万円程度の少額の融資の申し込みであったり、貸金業者が指定する銀行口座を持っている人には電話連絡を行わない貸金業者もあるようです。
そもそも電話連絡は最初は担当者名で行われるのでばれる心配はほとんどありませんが「普段自分に電話がかかってくることはない」などの理由で親バレをしたくない人にはこのような所がぜひおすすめです。
電話連絡なしにできる消費者金融を利用する際には申し込みの際に必ずその旨を伝えるようにしましょう。
また電話連絡なしにすると審査結果が出るまでに時間がかかることもあるようですので、急いでお金が必要な人は申し込みの際に確認するようにしましょう。

About