Category Archives: 電話連絡なし消費者金融
アルバイト先に電話連絡なしの無利息サービスのある消費者金融は?

消費者金融は正社員じゃないとお金を借りられないのでは?と思っている方も多いかもしれませんが、実はアルバイトでも毎月収入があれば契約が可能です。そのため学生や主婦などでもパートやアルバイトなどで働いているのであれば、消費者金融からお金を借りることができます。年齢や収入などで借入れできる条件を満たしていれば、店舗に出向くことなくインターネットを利用してすぐに申込みができます。申込書や必要書類を提出すると消費者金融によって審査が行われるのですが、その際に必要な流れとして在籍確認があります。これは申込者が間違いなくそこで働いているか確認するためのものですが、バイト先にお金を借りようとしていることがばれてしまうのではないかと、心配している方もいるのではないでしょうか。できれば電話連絡なしで借入れしたいと思っているかもしれません。しかし在籍確認の電話は個人の名前でかかってきます。そのため仮にバイト仲間が電話に出たとしても、知り合いから電話がかかってきたくらいにしか思わないはずです。在籍確認は頻繁に行われるものではないので、1度確認してもらって契約ができれば、あとは必要な時にカードを使ってATMなどからお金を借りる事ができます。
また、電話連絡なしの消費者金融よりもしっかり身元を確認してお金を貸しているきちんとした企業だという考え方もできます。電話連絡なしにこだわらず、無利息借入れなどのサービスが盛り込まれている消費者金融を選ぶと、実際にお金を借りる段階になってからとても助かります。

消費者金融なら身分証明書などを提出して電話連絡なしで親バレもなし

融資の申し込みをすると審査の一環でほぼ必ず本人確認のための電話が行われます。
貸金業者にとっては融資の申し込みをしたのが本当に本人かを確認する必要があり、電話連絡は避けて通れません。
特に銀行に融資の申し込みをすると避けることはできませんが、実は消費者金融であれば代替手段を取ることで「電話連絡なし」にできるかもしれないのです。
代替手段とは通常であれば融資の申し込みをすると身分証明書の提出は必要ですが、その他に直近数か月分の収入が証明できる書類(給与明細など)と言った貸金業者が指定する複数の書類を提出することで電話連絡なしにできるのです。
もしくは申し込みの際に依頼することで電話連絡を個人の携帯電話(通常は自宅の電話)にしてもらえる所もあるようです。
更に数万円程度の少額の融資の申し込みであったり、貸金業者が指定する銀行口座を持っている人には電話連絡を行わない貸金業者もあるようです。
そもそも電話連絡は最初は担当者名で行われるのでばれる心配はほとんどありませんが「普段自分に電話がかかってくることはない」などの理由で親バレをしたくない人にはこのような所がぜひおすすめです。
電話連絡なしにできる消費者金融を利用する際には申し込みの際に必ずその旨を伝えるようにしましょう。
また電話連絡なしにすると審査結果が出るまでに時間がかかることもあるようですので、急いでお金が必要な人は申し込みの際に確認するようにしましょう。

消費者金融は電話連絡なしなので毎月の利用でも会社にバレることはない

以前に比べて消費者金融が大きく改善されたのは、職場などへの電話連絡なし、になった点ではないでしょうか。
でも従来はそうでなく、申し込みの際には、在籍確認のために職場へ電話が入るのが普通でした。
これはユーザーにとっては煩わしいだけでなく、非常にイヤなことでした。
なぜなら、電話連絡などあると、借金が会社にバレるのではないかと心配になるからです。
電話連絡なしが喜ばれるのは、そうした心配がなくなるからです。
また、消費者金融を利用すると毎月返済に関わることになります。
それだけに、1日でも返済が遅れれば、電話連絡があるのでは、と心配になります。
でも、そうした場合でも電話連絡なし、が約束されていますから、安心できるのです。
とにかく、ユーザーにとって消費者金融の利用で一番イヤなことは、電話連絡なのです。
なぜなら、サラリーマンなどの勤め人は信用を特に大事にするからです。
したがって、会社や職場の人に借金を知られることを最も恐れるのです。
なぜなら、信用失って、今後のサラリーマン人生に悪影響があるのでは、と心配するからです。
でも、今はそんな心配がなくなったのです。
それだけに消費者金融が格段に利用しやすくなったのです。
でも、新たに別の心配が一つ生まれました。
それは、利用しやすくなっただけに、ついいい気になって、借り過ぎてしまわないか、という心配です。
これだけは十分気をつけなければなりません。
でないと、せっかくのメリットが帳消しになってしまいかねません。

消費者金融アイフルなら前倒し返済もOK、電話連絡なしで借入れできる?

給料日前になるとお金が足りなくなるので、少ない額でいいから消費者金融で借入れしてみたいという方は多いようです。しかし借入れの際に気になるのが職場への在籍確認です。電話連絡なしであれば周囲に気づかれることなく消費者金融が利用できます。ネットでは、アイフルは電話連絡なしで借りられるのではという情報がありますが、実際には電話連絡なしで契約できるのでしょうか。
多くの消費者金融と同じようにアイフルでも借入れ審査の時に、電話での在籍確認は行われます。消費者金融側としても返済が滞るリスクを避けるために、借入れを希望している方が本当に申込み内容の職場にいるのか確認をする必要があります。しかし職場に連絡がくるときには、企業名ではなく個人名で連絡がくるので、消費者金融から電話がかかってきたという事を気づかれる心配はありません。
無事に借入れができて、収入に余裕ができた時には利子で支払っているお金を節約するためにできれば前倒し返済したいものです。アイフルでは早期の一括返済が可能です。利子は利用していた期間分だけの支払いになるので、毎月返済するよりもかなり負担が軽減されます。一括返済するときには返済金額の再計算が必要になるので、その旨を連絡する必要があります。契約書はそのまま保管してもらうと、引き続き困ったときにはカードでの借入れができます。一括返済を利用すると、出費がかさんでしまう月と余裕がある月など、毎月の収支に合わせて上手に借入れを利用できます。

消費者金融モビットの豆知識!電話連絡なしで融資が可能

テレビのコマーシャルでもおなじみの大手消費者金融のモビットは、いざというときに即日融資を受けることができるので、とても頼りになると評判を呼んでいますが、新規で借り入れを検討している人の中には初めてのキャッシングに不安や心配はつきものです。
審査をクリアすることができるかという心配はもちろん、会社への電話連絡についても不安を持っている人も珍しくないのです。
この電話連絡とは在籍確認とも呼ばれており、本当に契約者がその職場で勤務しているのか、申し込み内容に間違いはないかということを確認するために行われているのですが、これはモビットに限らず他の消費者金融ならどこでも行われる決まりになっているので、電話連絡なしで借入れをすることは基本的に避けることはできないのです。
会社への電話連絡といっても個人名を名乗り、金融機関名を電話口で名乗ることはありませんので周囲に知られる心配は無用です。
しかし、どうしても会社だけには電話確認をしてほしくないという人は、WEB申込みを利用することで会社への電話連絡を避けることが可能です。
全国健康保険協会が発行した健康保険証、および組合保険証を持っていることの他に、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座を持っていることが条件になりますが、これらの条件をクリアできていればWEB申込みによって電話連絡なしで融資を受けることができるのです。
このように、どうしても会社に知られたくないといった場合はWEB申込みにより電話連絡なしで借入れができるということを豆知識として頭に入れておくとよいでしょう。

電話連絡なしで法定金利内の低金利が魅力の消費者金融アコム

銀行などでクレジットカードやローンカードを作るとき、在籍確認や住所確認ために会社や自宅へ電話連絡が入ることが多いですが、これが苦手、面倒と感じている人は多いようです。また、会社や自宅へ電話連絡されると、会社や家族にばれてしまうのではないかと心配になります。審査のためには必要なステップであっても、できれば電話連絡なしで手続きがしたいと考えている人も多いことでしょう。

しかし、消費者金融の最大手であるアコムでは、このような電話連絡なしで簡単に申し込むことができます。申し込み方法は窓口やむじんくんを利用する人のも良いですが、インターネットからでも簡単に申し込みの手続きを行うことができます。もちろん、電話連絡なしで手続きが完了します。

また、金利に関してもアコムが低金利を実現しています。以前は消費者金融の金利は非常に高かったのですが、今は法定金利の枠の中におさまっていますし、その枠の中でもアコムは低金利だと言えます。やはりこれは、三菱フィナンシャルグループと提携していることが大きいようです。具体的には金利は融資額によって変動しますが、4.7%~18.0%で融資が可能です。ちなみに融資額の上限は500万円までとなっています。そして、融資額が大きくなればなるほどに、金利は低くなっていきます。融資してもらいたい額がわかっていれば、その額に対する金利がいくらいに設定されているか確認すると良いでしょう。

消費者金融プロミスは電話連絡なしの上に、返済もしやすい

プロミスはアコムに次ぐ大手の消費者金融です。
それだけにサービスも非常に充実しています。
サービスの一つとして、電話連絡なし、という点を挙げることができます。
誰でも、消費者金融からの電話連絡は歓迎できるものではありません。
したがって、プロミスは顧客の意思を尊重して、電話連絡なしにしているのです。
また返済方法の多様なのもプロミスの特徴です。
その一つとして、パソコン、スマートフォン、携帯電話によるインターネット返済があります。
この方法が便利なのは、24時間いつでも対応している点です。
しかもは平日に限らず、たとえ土日でも同じように対応してくれるのです。
忙しい現代人にとって、これは非常にありがたいサービスです。
土日と言えば、返済だけではなく借入れだってできます。
例え土日と言えども、三井住友銀行の口座を持っていれば、銀行振り込みにも対応してくれるのです。
では、三井住友銀行の口座を持っていない人はどうなのでしょう。
そうした方も心配はご無用です。
ネットで申し込んで審査に通ったら、街中の無人店舗にある自動契約機に向かえば良いのです。
ここで機械に本人確認書類を読み取らせて、必要事項をインプットすれば、キャッシングカードが発行されます。
後はそれをATMに入れて、出金すれば良いだけです。
このように、電話連絡なしだけでなく、ユーザーのためのいろいろなサービスが充実しています。
それにこの会社が特に安心できるのは、三井住友銀行の子会社であるからです。

おすすめの消費者金融に低金利で電話連絡なしのところはありませんか?

低金利でしかも電話連絡なしの消費者金融を教えてください。
もしこうおっしゃる方がいても、残念ながらそれは無理だとお答えしなければなりません。
なぜなら、低金利の消費者金融はたくさんありますが、電話連絡なしのところはないからです。
金融会社はどこでも本人確認のために職場に在籍確認をすることになっており、特別に電話連絡なしにすることはできないからです。
もちろん借金の事実が会社に知られないように配慮してもらうことはできますが、
電話連絡なしにすることは絶対にできません。
よって、電話連絡なしの消費者金融をおすすめすることはできません。
ただし、低金利の会社ならたくさんおすすめすることができます。
特にお勧めしたいのは、金利が低いだけではなく、利便性が高い消費者金融です。
例えば、インターネット契約ができることです。
インターネット契約のいいところは、来店不要でスピード融資してもらえるところですが、これができるところは即日融資も可能になります。
ネット契約がなくても即日融資は可能ですが、申込のタイミングが少しでも遅くなってしまうと、その日のうちに借入することはできなくなります。
ネット契約ができれば時間と手間を大幅に短縮することができるので、最短で申込から契約までを行うことができます。
普通の申込みなら、朝一番の申し込みでなければ即日が難しくなりますが、ネット契約を使えば上手くいけば午後からの申込でも即日融資ができます。
こういうWEB契約ができるところはおすすめです。

消費者金融は電話連絡なしでアルバイトなどの制限もなしです

消費者金融のメリットは、一定の収入があれば、誰でも利用できる事です。
この一定の収入とは、消費者金融にもよりますが、殆どの消費者金融ではアルバイトやパートでも収入があれば利用出来る条件となっています。
ですから、学生でも主婦でも利用可能なのです。
年齢の制限も企業によって違いはありますが、大体は20歳以上との制限があります。
20歳以上であれば、派遣社員でも自営業でもキャッシングやローンを利用できる企業は多いのです。
しかも、消費者金融の殆どは電話連絡なしのとしているところが多いです。
家族に内緒で利用している方もいますから、電話連絡なしは大変嬉しい事です。
しかし、中には電話で在籍確認する企業もありますので、事前に確認して置いた方が良いでしょう。
電話連絡なしと勘違いして利用したところ、仕事に行っている間に自宅に連絡が来て、妻にバレたなんて事になったら大変です。
出来れば、利用明細などもWEB上で通知してもらいましょう。
ただし、返済が滞ると自宅や会社に連絡が行く事も考えられます。
キャッシングやローンを利用したら、必ず返済期日を守って返済しましょう。
消費者金融は、上手に利用する事が重要です。
借りる事に慣れてしまうと何社からも借り入れし、結果高額な借金を抱える方もいます。
返済出来る融資額で利用しましょう。
また、中には高金利の悪徳業者も沢山存在します。
悪徳業者を利用しない為にも、事前にしっかりと調べて信頼出来る企業か確認する事が大切です。

消費者金融で生活費を工面したが電話連絡なしで親バレもなしでした!

消費者金融の利用は、本人確認なしのところも多く、自宅や会社に電話連絡なしなので親バレもなく、配偶者にバレる事もありません。
今は、消費税も増税され、円安の影響で物価も高騰、そして電気代やガソリン代も値上げが続いています。
ですから、生活費が足りないこともあるでしょう。
そんな時は、低金利なキャッシングやローンを利用する事をオススメします。
消費者金融は、アルバイトやパートなどで一定の収入があれば、利用出来ます。
ですから、主婦や学生も利用できるのです。
親元を離れて生活している学生は、生活費が足りなくなっても中々両親にお金の催促は出来ないものです。
両親も生活が大変だからです。
ですから、アルバイトをして生活している学生も多いでしょう。
それでも、生活費が足りない月もあります。
そんな時、消費者金融でキャッシングやローンを利用する事もあるでしょう。
しかし、両親に借金をした事を知られたくないと不安で利用出来ない方も多いと思います。
そんな時は、全てWEBを利用すると親バレしません。
申込みは勿論、利用明細もWEBでのやり取りにするのです。
本人に電話連絡なしですし、両親の元にも電話連絡なしなので、絶対にバレる事はありません。
ただし、返済が滞ると電話や郵送で連絡が行く場合はありますので、注意しましょう。
消費者金融を利用したら、返済期日を守って返済する事が1番重要です。
ですから、返済出来る金額の利用が好ましいのです。
上手に消費者金融を利用しましょう。

Next Page