Category Archives: 電話連絡なし消費者金融
消費者金融と違って電話連絡なしのセブン銀行なら会社にバレる心配なし

消費者金融でお金を借りるときに一番心配なのが、勤め先に在籍確認の電話がかかってくることです。借金の事が会社にバレる可能性は0ではありません。
特に現代では個人の用事は携帯にかかってくる事がほとんどなので、会社に電話がかかってくるだけで怪しまれる場合もあります。
その点セブン銀行なら原則電話連絡なしなので、安心して申込をする事ができます。
電話連絡なしの上に申込の際に消費者金融なら必ず必要な身分証明書なども必要なく、パートやアルバイトの人はもちろんの事、専業主婦でも申込できます。
どうして電話連絡なしで借り入れができるかというと、セブン銀行でお金を借りるときには銀行口座を開設することが条件となっているからです。本人確認などのかわりが銀行口座という事になります。審査も最短10分と早く24時間申込を受け付けているので、急にお金が必要になった時にとても便利です。
借り入れ上限額は10万、30万、50万円に分かれており、借り入れ返済共に自分の銀行口座から自分のキャッシュカードで利用できます。上限額を10万、30万に設定した場合は最初の契約から2ヶ月たてば増額の申込が可能です。
また返済額も10万円が限度額の時は毎月5千円を返済、30万、50万円の場合には返済額が1万円と決まっているので、わかりやすく無理なく返済できます。自分の口座から自動引き落としされるので返済日の度に振込みをするという手間もかけなくてすみます。

電話連絡なしにする為、消費者金融アイフルですぐ返済

勤務先や自宅への電話連絡はほとんどの金融業者にて行われている確認方法です。
残念ながら、消費者金融のアイフルにおいても電話連絡なしというわけにはいかず、公式サイト上でその事実は明記されています。

しかし、万事は交渉にて成るといわれるように、交渉次第で電話連絡を控えてもらえるケースがあるという事例も、いくつか存在します。
その一つが、すぐに返済するという約束のもとに電話連絡なしで済ませてもらえるよう交渉したというものです。

とはいえ、この手段は全く借入経験のない方は成功し難いと言われています。
ご存知の通り、金融情報などは指定信用情報機関という組織に登録されます。融資額は現在いくらか、返済額において事故は無いかなどが記録として作られており、多くの消費者金融がこの組織の情報を基にして審査を行うのです。

順調に返済してけば、事故歴や破産歴なく登録されるので、今までのクリーンな実績を基に交渉してみるという手段のようです。
勿論すぐ返済する事を約束するなどの工夫を行う事で成功率は上昇するようなので、あまり長期の利用を検討しない方には良いかもしれません。
また、身分証明書として免許証などより証明性の高い、直近の源泉徴収や給与明細などを明示して、勤務先などに連絡された場合は困ると相談してみる方もいるようです。

もちろん、電話連絡なしという条件は金融機関にとって非常にハードルの高い事ですので、確実にうまくいくとは限りません。実際にうまくいかず断られた方も多々存在しますし、期待のしすぎは危険だと言えるでしょう。

消費者金融モビットはスマホ完結で電話連絡なしで融資可能

手持ちのお金だけでは次の給料日まで生活のやりくりができない、また急にまとまったお金が必要になったときなどは、大手消費者金融でもあるモビットで借り入れをすることで即日融資を受けることができますが、新たに申し込んで借り入れを考えている人の中にはキャッシングについても不安や心配はつきものです。
自分が審査に通ることが可能なのかということは当然ですが、会社への電話連絡のことも不安に感じてる人も多いものです。
会社への電話連絡は、申込者本人が本当にその会社に勤めているかどうかを確認するためのものであり、モビットに限らず他の消費者金融でも行っていることなので、電話連絡なしで借入れをすることは基本的に不可能となっています。
また、会社名は出さずに個人名でかけてきますので、周囲にキャッシングの事実を知られる心配も不要です。
しかし、どうしても会社の職場や上司に知られてしまうと困るという人はWEB完結申込みを利用して申し込むと電話連絡なしで融資を受けることが可能になります。
三井住友銀行及び、三菱東京UFJ銀行口座を持っていること、また全国健康保険協会が発行した健康保険証か組合保険証を持っていることが条件となりますが、この条件さえ整っていれば電話連絡なしで借入れができます。
またWEB完結ですと手持ちのスマホからどこでも簡単に申し込むことができるので、忙しくてなかなか店頭窓口まで足を運ぶことができないという人でも便利に利用できるサービスとなっています。

消費者金融ノーローンはスペースある自動契約機で電話連絡なしの審査?

消費者金融のノーローンは大手銀行ローンと提携していますので自動契約機を利用することができます。新生銀行グループのレイクの自動契約機であればカードを即日に受取れ、設置されてあるATMで融資を受けることができます。インターネットや電話で申し込みを行いカードを受け取りに行く方法や、自動契約機で申し込みをして審査を受ける方法をとることができます。これらの方法は土日祝日でも行うことができ、審査や必要書類が揃っていれば土日祝日でも融資が可能という体制が整っています。

自動契約機もスペースがある広々とした空間ですので、圧迫感なく快適な環境で申し込みをすることができます。このケースの場合審査結果までそのスペースある部屋で過ごすことになります。よって在籍確認をとる場合、会社に直接連絡をしますので本人が電話を取ることができません。消費者金融を選ぶ時に電話連絡なしのところを選びたがる傾向がありますが、残念ながらノーローンは電話連絡なしという審査を実施していませんので直接会社に在籍確認がいきます、

消費者金融のなかには、直接本人が出るまで確認するという方法をとることがありますが、ノーローンの場合は本人が留守でも確認をしてくれますので、自動契約機にいても問題はありません。会社に在籍確認の電話連絡なしというわけにはいきませんが、貸金業者が会社名を出して電話することはありませんので借金の申し込み電話だと発覚するのは非常に低いですので心配はないです。

消費者金融アコム、電話連絡なしで審査に通る仕組みとは

消費者金融にしても銀行にしてもお金を借りる場合には、審査を受ける必要があります。審査は主に返済能力に関するものが対象で、申し込みでの記入内容としては住所氏名と生年月日、職業、勤務先、勤続年数、居住実態、居住年数、家族構成や他社からの借入れの有無と借り入れている場合には、その借入額などになります。
このさい、住所と氏名、生年月日は運転免許証やパスポートなどの身分証明書で確認されますが、職業に関しては在籍確認というものが行われます。在籍確認は勤務先に担当者が電話を掛け、在籍しているかどうか確認するものです。年収などの情報は聞かれることはありませんが、日頃から職場に電話が掛かって来ないような人であれば、少し怪しがられる恐れがあります。また電話で在籍確認ができる職場であれば問題ありませんが、そうではない職場では審査に通るハードルが高くなります。そのため電話連絡なしの消費者金融が選ばれる傾向にあります。
以前は、電話連絡なしというは存在していませんでしたが、現在ではWEB完結サービスなどで行われています。この電話連絡なしの仕組みとしては、消費者金融が提携している銀行の口座を保有していることが条件で、借入れや返済もその銀行口座で行われるものです。加入にはインターネットが使えることが前提で、契約書も電子交付されカードレスなので周囲に知られることがありません。一方でアコムの電話連絡なしサービスでは、社員証や収入証明書などの提示で行えるようになっています。

電話連絡なしで信用貸付けしてもらえる消費者金融プロミスで借入を

消費者金融で借り入れをする場合に避けて通れないのが在籍している会社への電話連絡です。
こうして電話連絡で在籍確認をした上で信用を得て融資というのが消費者金融の一般的なながれになっています。
でも、できれば会社に知られることなく借り入れをしたいと考える方も多くいらっしゃることでしょう。
大手メガバンクの傘下にあるプロミスでは電話連絡なしでも借り入れができるケースもあります。

借り入れの際に事情を説明して、会社に電話連絡なしで借り入れをしたい旨を相談します。
そして直近の給与明細や健康保険書など会社に在籍していることが証明できる書類を提出することで、電話連絡なしで貸付をしてくれるケースもあるのです。
これなら会社に気づかれることなく、キャッシングをすることができるでしょう。

ただしプロミスの在籍確認の電話は、たとえ会社にかかっても消費者金融業者からとは気づかれないようになっているのです。
会社名を名乗ることなく、スタッフの個人名で電話を行うので、消費者金融からの在籍確認と気づかれることはありません。
もし本人が不在でも、再びかけなおすということはなく、在籍していることが確認できればそれで完了となります。

こうした確認をしっかりと行っている会社だからこそ、有利な金利で貸付をして安全な運営をしてると言えるでしょう。
プロミスで借入をすることは安心でより有利なキャッシングの利用ができるというメリットがあるのです。

Previous Page